給料も時間も有限

Pocket

命の砂時計ってカードありましたよね?の画像

ども、週末を迎え安堵の気持ちと疲れた体と痛い指先を合わせもつ私です。
今週も終わりましたね!
世の皆さんは夜の街に繰り出すのでしょうか?それもと明日早起きしてお出かけかな?
私は休みます。疲れたまじで

期間の定めがある

トヨタに来た時から感じていたんですが、期間工は雇用期間に限度が設けられています。法律上最長で2年11ヶ月までしか雇ってもらえません。
なので、もしそれ以上働きたい場合は6ヶ月以上期間を開けてから再応募するか、正社員になるしかありません。期間工の辛いところですね。
私は今の段階で終わりが見えています。
最長で3年、もっというと契約満了となる3ヶ月後が終わりです。
”時間に限度が付いている”といった感覚になるんですよね。
なので家電なんか買ってもどうせ長くはいないから勿体無いなとか、寮の部屋が汚くても長いこといないから我慢できるとかそういうふうな考え方になっていきます。
でもそんな考え方ができる”正社員”ってどれだけいるでしょうか?
正社員の人は雇用に期限の定めがありません
いっちゃえば定年まで「永久に仕事がある」ような”感覚”になります。
私も正社員の経験があるのでわかりますが、時間に限りがあるとは考えにくかったです。

これは人生全般においても同じだと思います。
人生ってそう簡単に終わらないし変化しないと思いがちです。
事故なんか起きないし、病気もなる気がしません。

でも本当にそうでしょうか?

あなたはいつまで生きているつもりでしょうか?
明日は今日の延長線上にありますか?


この先何がどれだけあるか・続くかわからないのが人生です。
ならばせめて”今この瞬間”を大切に楽しく生きなくては。ツキナミですが
過去や未来のための今でなく、「今この時」の為の”今”ということを念頭に置いて生きていこうと思いました。
無駄に恐れたり、自信がなくてくよくよしたり、まだ見ぬ未来の為にいまを犠牲にしたり、過去に囚われたり、未来に囚われたり…

全部”いま”があるからできることなんだと。

”いま”をもっと意識して生きていかなくては、未来も過去も絵空事になってしまう。そう思いました。

無限なる金システム「給料」

”お金”も同じです。
「毎月給料がもらえる」と思っていませんか?
それがこの先も続いていくと。

急に会社が潰れるかもしれません。
首になるかも。
急に仕事をやめたくなるかもしれません。
どうなるかなんて多分天使もわかってませんよ。

そんな状況なのに、「来月も今と同じように給料が振り込まれる」と思ってませんか?そしてそれをあてにカードで支払いしちゃったりしてね。私のことか。
よく考えたら、お給料をもらっている時点で
「会社にお金を稼ぐことを任せている」ことになります。
そんな状況で安心してお酒が飲めるでしょうか?本当にそのお酒は必要なお酒でしょうか?

サラリーマンの生涯年収は3億円弱と言われています。
大半の人は一生のうち3億円しか手に入れることはできないのです。いってみれば給料って”有限”なんですよね。
それを分割してもらっているから「いつまでもお金が手に入り続ける」ような”錯覚”を起こしてしまいます。
勤め人をしている人は「手に入るお金に限度がある」ことを意識した方がいいと思います。
自営業の人は、自分で頑張れば収入が変わりますから、無限にお金があるとは思わないかもしれませんが、収入として手に入る”お金が有限”であることに変わりはありません。

”お金も時間も有限だよ”ということはよく言われていますが、もう一度自分ごとに落とし込んで理解した方がいいなと思ったので自分に言い聞かせる為にも、みなさんに注意喚起の為にも文章書いてます。
ここでいう有限とは、余剰分の備蓄はないよという意味です。

宇宙は無限の質量でできています。だから豊かさも時間も本来は限度なく変幻自在の無限です。あなたが必要とする時間もお金もそのほか全てのことも必要なだけ手に入ります
しかし、自分がなんとなく使ってしまうそれは実はとても価値があるもので、死んでからその価値に気が付いても時間を巻き戻すことはできないよということです。

そういう意味でお給料は有限、時間も有限。
どのように認識して、どのように使うか。
今一度”終わり”を考えて見ることが必要です。

このままだと終わりはこんな感じ?
それでいいのかな?
何か変化が必要かな?
計画は間違っていないかな?
そもそも計画立てていなかったりして。
じゃあいまこの瞬間から自分は何ができて、どうしていこうかな?

惰性で生きない!

惰性で生きるのはこの瞬間からやめにして、”今この時この場所”を生きていかなくてはならないことを思い出しましょう!

といっても力み過ぎてもバテちゃうし、不安に襲われちゃうので、人生に必要なことは向こうからやってきます。
やってきた時に自分は対応できる状態になっておかなくちゃねということが言いたかったんです。なるほど。

惰性で生きるな!
今ここを全力で生きろ!
みつを!

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。