人生このままでいいのだろうか〜人生が停滞しているように感じるとき〜

Pocket

人生このままでいいのかな…

人生悪くはないけどこのままでいいのかな、とふとしたときに思うことはありませんか?

特に自分に何か使命を持って生まれて来た人はそう感じやすいそうです。インディゴチルドレンに多いと聞きます。

何かしたいけど、どうしたらいいかわからないけど、このままはなんとなく心地よくない…と感じる時のスピリチュアル的観点から見た状態をご説明します。

 

なぜ最初からやりたいことができないのか?

なぜ人間は最初から魂の目的である「やりたいこと」ができないのでしょうか?

これには3つパターンがあります。

1、魂のブループリントで時期を決めている

2、自分の中にブロックがある

3、周囲もしくは自分の環境が整うのを待っている

 

1、魂のブループリントで時期を決めている

何をするにしても自分が生まれる前に決めて来た方針に照らし合わせてことが進みます。

それには明確な意図があるのです。この時期にこの人に出会うとか、この時期にこれを行うとか…とにかく全てに意味があります。

ですが私たちは心のどこか奥深く、もしくは潜在意識に”何かやるべきことがある”という認識があります。それがあるせいで現状と本当の自分とのギャップに違和感を感じて、「何か違う」といった感覚になるのだと思います。それは裏を返せば「自分には明確な役割や決めて来たことがある」ということになります。

いずれにせよ、ベストなタイミングでことは確実に起きるので、それまではいくら焦っても意味がありません。

これじゃないけど、何をしたらいいかわからないというときは思い切って「気楽に楽しく過ごす」のがいいと思います。役割が始まると忙しくなってしまうと思うので今のうちに使命とは関係ない地上の楽しみを謳歌しておかなきゃです。

 

2、自分の中にブロックがある

これはニューエイジのスピリチュアルでよく言われるフレーズです。が、本当にその通りです。

あなたの人生はあなたが作り出します。あたなと一口にいってもあなたにはたくさんの側面があります。学術的にいってもあなたには顕在意識と潜在意識があり、その両方が影響を与えながら人生を現実化しています。

顕在意識は自分で変えようと思えば変えられますが、潜在意識はしっかりと意図しないと変わりにくいです。というかそもそも自然に生活していて潜在意識を認知すること自体が難しいと言えます。

さらには潜在意識は様々なところから自然と影響を受けています。家族や周囲の人、テレビやネット、政府の刊行物や法律など、様々な組織や人たちが様々な思惑で色々な情報を発信しています。いってしまえば自我を形成する幼少期から教育という方法で様々な思い込みを刷り込まれています。(教育にも様々な側面があるとは思います。)そこがブロックとなる場合は多いにあります。また親や恋人という存在も影響を与える一因です。

いずれにせよ自分の人生にそぐわない思い込みや考え方は手放した方が気楽に生きられるのは事実ですし、それがブロックを外すということに繋がります。

ブロックを外すためにはまず自分を知ることが必要です。自分とは何で、どうするべきなのか。答えは自分のなかにしかありません。外ではなく自分に問いかけて見ましょう。毎日の中に答えは潜んでいます。それを見つけ出すことです。武器は直感ですね。

 

 

なぜこの世界はこんなにブロックを作りやすいシステムが多いのでしょうか?個人的は考えですが、それが必要だったんだと思います。本当に大きな神の視点からして、それが必要であり、そうすることにこの上ない意味があったと思っています。今私たちがいる位置からでは理解できない意味が神には見えているんだと思います。納得できないけど。

 

 

3、周囲もしくは自分の環境が整うのを待っている

世界は自分だけでできていません。あなたの世界はあなたが作りますが、あなた以外の登場人物や環境が存在しています。それらの存在や環境が整うまでは自分のすべきことができないことがあります。

例えば地球の環境が整うまでは自分の目的を果たしたくても果たせない人は存在します。大抵の場合、時期が来るまではそのことを忘れて毎日普通に過ごします。使命が近ずくに連れて現状になんとなく違和感を感じ、やるべきことに向かっていくということが多いです。また、人によってはある時急激に人生の方向転換をする人もいます。この辺は人それぞれなのですが、急激な方向転換をする人は人生に悩む時間はありませんので、今回は徐々に方向転換していく人向けの話です。

周囲の環境が整わないと当然、やりたいと思っていたことができないのでなんか違うぞと思うことになります。これに関しては様々な存在が対応してくれると思いますので、そんなに気を揉まなくてもいいと思いますし、レアケースだと思います。

 

もしくは時期が来たのに自分の思い込みが強くて人生の目的に近ずけない場合があります。上記の2のブロックにも近しい話ですが、自分の環境が整うことを優先することになります。例えば資格を取るべきなのに、いつまでも関係ない仕事をしているとか、自分のエネルギーを高める必要があるなどの場合には、目的を行う前に自分を調整する必要があり、そちらを優先するため必然的に魂の目的は後回しになります。そうすると本人には「何か違うけどわからない」といった状態になります。まあ何よりも自分の行動がその状態を招いているんですけどね。思い込みが強いと気付きにくいんですよね。

 

以上が自分がしたいことができない理由になります。

 

安心してください、回っていますから。

ここで面白い話を一つ。

人生を歯車に例えた話です。

あなたの人生は歯車です。ノリノリで人生がうなぎ登りに調子がいいときは歯車は右回転にぐるぐる回っています。

しかし人生が不調に陥ったとします。好調な時とは逆回転にぐるぐるです。ここでは左回転です。これも必要な経験なので不調に見えて必要な経験をしています。

そして人生が停滞している状態の時は歯車が停止しています。ピタッと止まっています。

がこれはエネルギーがなくて動かず止まっているんじゃなくて、右からの力と左からの力が拮坑して止まっているように見えているだけなのです。実は一番力がかかっている状態なのです。

その歯車の状態だけを見たら一見何も変化なく、このままでいいのだろうかと焦ると思います。が、実際はかなりの緊張状態、前進と後退のはざまにいます。

その状態から右もしくは左どちらかに少しの力が加わるだけで、歯車は動き出します。

「人生このままでいいのだろうか?」「停滞している」と感じる人は、まずは自分の歯車の状態を認識することから始まります。

「自分はどこに向かっているのだろうか?」「自分は何をすべきだろうか?」と考えて何かアクションを起こしてみましょう。

方向が間違うこともあるかもしれません。しかし、その行動によって歯車は動き出します。振り子のように行ったり来たりしながら人生の歯車はあなたが望む方向に回っていきます。

焦らなくていいのです。その状態はあなたにとって必要だし、実はすごいパワーのある状態だったりします。

あとはエゴに振り回されずに、本当の自分を体現していこうとすれば答えの方からやって来て、気がつけばなんかいい人生だなと思える状態が来るはずです。

私もその一人です。一緒に探していきましょう。

 

 

 

 

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

1 comment on “人生このままでいいのだろうか〜人生が停滞しているように感じるとき〜”

  1. スマ8(管理人) 返信

    いい記事ですね!
    あ、あまりにいい記事なので自分でコメントしてしまいました!
    私がこの記事を書きました。

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。