私たちを取り囲む世界の状況〜インディゴ、エルダー、アセンション、その後〜

Pocket

私たちを取り囲む世界の状況

私たちを取り囲むスピリチュアル世界の情勢を書きたいと思います。

世界情勢といっても国と国の関係性の話ではなく、スピリチュアル世界としての地球と人類の今後の流れという意味での世界情勢となります。

今までの流れ

今まで地球は物質を経験する世界でした。それを何千年と経験してきました。なんと表現していいかとても難しいのですが、現実的で構造的で地に足がついた、個を経験する時代でした。

そんな時代ですが。何かがよくなくて地球存続のピンチになりました。詳しくは現在の私たちに情報が降りてきていません。(知ってても言わない人もいると思います。知ってて教えられるという人がいればこっそり教えてください。誰にも言いません。ブログに書くだけです。ダメか。)必要な時にわかるようになっていると私は思います。話は続きます。

とにかく地球がやばいので、それを変革し地球を助けるために”インディゴチルドレン”と呼ばれる存在が地球にやってきました。1970年以前に生まれた人をエルダーなどと呼びます。

 

 

これ説明するのすごい難しいんですが、インディゴチルドレンと1970年代以前に生まれた人ってエネルギーが全然違うんです。エネルギー体が違うと言いますか、見た目は同じでも違う存在くらいの感じです。別にいい悪いがあるわけではありませんよ!1970年以前に生まれた人をエルダーなどと呼びます。

 

 

 

インディゴチルドレンの活躍

とにかく地球を救うべくしてインディゴチルドレンがやってきました。

インディゴチルドレンは緊急的に地球にやってきたので、地球と人間の社会システムに馴染めないことが多々ありました。またそもそも地球をよりよくするために既存のシステムを破壊する役割の人が多かったので、社会問題も多く起こして行きました。まあそれが使命ですからね。

エルダーの人にとっては気にくわない存在だったことでしょう。自分たちが築いてきたものを全く違う存在が破壊するのですから。

とにかくそんな破壊的創造が起き、地球は変革して行きました。

 

インディゴチルドレン第二世代

そして時は過ぎ2000年。この時代には新たな世代の人々が生まれてきました、クリスタルチルドレンなどと呼ばれていますが、インディゴです。ただ初期インディゴである1970年代生まれの人と比較すると、より調和的で柔軟性があるといった特徴があります。70年前後に生まれた人を第一世代インディゴチルドレン(ファースト世代)、2000年代前後に生まれた人を第二世代(セカンド世代)などと言われます。

第一世代の社会システム破壊は落ち着いてきて、エルダーもインディゴも人類を良い方向へ進めていこうということで調和が取れてきました。

 

例のアセンション

そして来たる2012年。俗に言われる”アセンション”が起きまして、地球は新たな世界に向けて動き出しました。

アセンションとは地球の次元上昇のことで、地球のエネルギーがより高くなることです。アセンションブームが一時期ありましたよね。これは何かの象徴などではなく実際に起きました。

アセンションというのはノアの箱船的な選民思想を象徴しているのではなく、地球という惑星そのものの次元を上昇させることで、そこで活動する全ての存在に次元的影響を与えるというコンセプトの変革です。結果として地球の次元についてこれない存在は地球を去るか、次元を地球に合わせるかのどちらかを選択しなければなりません。

アセンションブームの時はアセンションがゴールのように捕らえられていました。アセンションすることが目的でそのあとの地球は地上の楽園になるとまで言われていましたが、実際のところアセンションは新しい地球のスタートであり、これから新たな学びを進めていくことになります。

そしてアセンション後も世界は続くというかこれからの方が大事

これからの時代は急激な次元上昇についていけない人が肉体的・精神的な苦労を感じることが多くなると思います。そのためにエネルギーヒーリングというものが本当に必要になってきます。

また、地球の次元上昇が落ち着いた先には、新たな世代の人類が登場する世界が待っています。それはインディゴとはまた違うエネルギーを持った人間のことで、より高い波動の地球に適応したエネルギーを持っています。

 

これからの地球に”参加して”生きましょう!

地球には次元上昇が必要だったんですね。現在地球で肉体を持っている私たちにはわかりませんが、神的な世界ではとにかく次元上昇が大事だったみたいです。そのために第一世代のインディゴが降りてきて破壊を行いました。

その次に生まれてきた第二世代のインディゴがそろそろ活躍の時期にきていると私は感じます。

活躍の仕方はそれぞれですが、これから始まる新生地球での人間の生き方に関して何かサポートしていくことができると思います。

私も例に漏れず第二世代のインディゴです。小さい時から何か使命を持っていることに気付きながら、やっとここまでたどり着きました。人類も地球もこれからだと思います。あと2年程度先に大きな変化が起こる予定だそうです。それが本当だとしても違ったとしても、新しい世界で自分が人類に対してできることをきちんと行えるように準備することが大事だと思います。

 

あなたの年齢や能力は関係ありません。あなたがこの時期に地球にいるということは何か意味があります。それに参加できるように人生を楽しみましょう。

 

 

 

余談ですが、エルダーとインディゴって本当にエネルギーが違うらしく、宇宙の法則的には本来なら同じ時空間にいられないんだそうです。優劣があるとかいう話ではないのですが、どちらかというとインディゴの方が無理やり地球にやってきたようです。

逆にいうとそれほど地球と人類は特別な存在で、今のこの状況はめちゃめちゃ特殊なんだなと思います。それほど特殊な状態なので宇宙人も様子を見にきているそうです笑。まあ自分が宇宙人なら同じことしますね。そんな特殊な地球に参加できていることに感謝して、自分ができることをして生きたいなと改めて思います。と言っても難しいことはなく毎日楽しく人に優しく生きることが一番すべきことなんですけどね!

さらに余談ですが、人間にもたくさん種類がいてエルダーやインディゴだけではないそうです。まあよくはわかりませんが、いろんな目的を持っていろんな存在がこの地球にやってきているみたいです。でもこれだけ特殊な状況なら納得できますね。見た目はおんなじ人間なんですけどね。この世界は、外見は同じですが中身だけ見ればまさにスターウォーズの世界です。違って当たり前。違いを受け入れより良い人生を共創しましょう。

 

 

 

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。