スピリチュアル情報の発信の難しさ

Pocket

パソコンをもつ外国人女性の画像。情報発信的な意味合い。

ども週も半ばを過ぎて体力的にも疲れが出てきた私です。
でも頑張ってブログ書きます。

誰かが声を上げなければならない。

スピリチュアルなことって”対外的に表現する”のはとても体力と精神力が必要なことだと思います。
受け手全員が受け入れてくれるわけではないし、再現性が不透明で、個人的な事象になりがちなので、不特定多数の人に向けて発信するのは大変なことだと思います。
このブログの記事でも、やはり
「これからの人類はどうなるのか」とか
「エネルギーを現実化するにはどうすればいいか」といった
”ザ・スピリチュアルな内容”の記事はアクセス数が多くあります。
ということはそれらのスピリチュアルな情報を多くの人が知りたいと思っている・興味があるということで、みんなそんな”情報源”を探しているんじゃないかなと思っています。
もちろん自分がやらなければ他の誰かがやってくれるんだと思いますし、なくても世界は回り続けるとも思います。
でも、誰かがやらなきゃいけないことに変わりはないと思います。
結局自分がやるのか、他の人がやるのかってことなら、自分が自分のやりたいようにやった方が何よりも自己表現になるかなと思うんです。
そしてそれが回り回って多くの人の為になると思うんです。

どっかのセブンイレブンの店長が本社に対して24時間営業辞めるって揉めてますね。
その人も同じこと言ってるみたいです。 誰かがやらなきゃ。
スピリチュアルなんてこれからますます発展していきます。
これは確実にそうなると私は確信しているんですが、その中で誰かが声を上げていろんな事柄を発信していかなくては、他の誰かが同じことをすることになります。
それを待っててもいいんですが、これから先の人たちに自分の情報で少しでも生きるのが楽になったり、幸せに近づけるならそれをやりたいと思うのが奉仕の人の性です。
なので、他の誰かの為にも自分が情報発信していこうと思います。

有意義な情報提供…その”有意義”とは?

情報を発信するにあたって、情報が”他の人にとって”有意義でなくてはならないと私は思っています。自己満ならチラシの裏にでも書いとけと思うんです。
見せたいものとみたいものは違う的なね。

でも、「有意義である」という基準は各個人で違うので、一概には言えません。

自分がいいと思ったとこも多くの人はどうでもやかったりするし、その逆もあります。だからとにかく自分が思ったことや感じたこと、面白いと思ったことを表現し続けることが必要だと。どんな小さなことでも。
「短期的には有意義ではないが、長期的にみると有意義」である情報も存在すると思います。
これはこのブログの初期の頃の「方針の決め方」や、”ブレた記事投稿”等が該当して、それらは長期的にみて初めて意味を持つことになると思っています。だから消さないんです。こんな時代もあったんだねみたいな反面教師みたいな位置付けかな。
したがって、それらの記事には短期的には評価がつかなくても長期的な目線で管理を行っていくことが価値の生成に寄与すると思っています。ほんとは恥ずかしいんですよ。ほんとはね。

とにかくどんな情報も捨て置くべきではないということだと思います。
けれども、だからこそ自分が発信する情報は有害であるかどうかや、人の選択の自由を奪う情報ではないかと
いう判断と情報の取捨選択をしっかりと行わなければならないと思っています。元気になれたり、楽しく慣れたり癒されたりする情報がいいですよね。私はそういう情報に触れていたいので。

時代が変われば価値も変わり、あり方も変わるということ。
いまはまだ咲かない種でも育てていくことに意味があると思っています。

あなたに素敵な情報が届きますように。

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。