現実化がうまくいかない時は…

Pocket

リラックスできそうなハーブティー画像

ども、慌ててボルトをとる仕事をしているので指先が痛い私です。
まじで爪が剥がれそう。助けてくれ神様。俺か。

失敗する理由

だんだんと作業にも慣れてきて、スピードを求められるようになってきました。
そこで気が付いたんですが、何事も自信を持つことが大切だと。
自信ってどうんな風に持つことができるのでしょうか?

他者と比べて優っている、劣っているという基準で考えるといつまでも自信はつかないと思いま。もしくはある程度のところで自尊心に傷がつくと思います。
自信というのは自分のうちから湧いてくるものだと感じました。


今日は今までできていた作業が別の作業と続けて行うとパッタリとできなくなってしまいます。
何でだろうと自身を無くして、不安が漂います。
すると自然と体に力が入ってしまい、指先をうまく動かすことができなくなります。
結果うまくいかないで怒られて、さらに自信をなくす悪循環に突入です。

あるときにふと気がつきました。
別にできなくてもいいんだと。まだ初めて1週間だから今のうちに失敗しておくのはいいことだと。
なので失敗を前提に作業を進めると体の力が抜けてうまい具合に作業が進みます。
しかし何回か続けていくうちにだんだん焦りや続けなくてはいけないという不安がよぎって力が入り、失敗してしまいます。
今日はできたりできなかったりを繰り返して一日を終わらせてしまいました。
でも、結果だけ見たら昨日よりは前進しています。

人生も同じ

人生ってそんなものだと思います。
自分がやろうやろうと思えば思うほど意識がそこに集中し必要以上に力が入って、思い通りの現実を生きられなくなってしまいます。
本当の望みは、そんなに力を入れなくても手にはいるはずです。
うまくいかない時は休憩して、ゆったりと構える心の余裕が必要です。
そうしているうちに自然と望みが現実化していくはずです。

明日からは全身の力を抜いて、指先を宇宙に任せて作業に取り組もうと思っています。きっと明日の終わりは今日よりも進歩していると思います。
そうやって進んでいけたらと思います。


みなさんの肩の力が少しでも抜けますように。

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。