自分のエネルギーを現実化する方法

Pocket

ディズニーシーの入口のテンション上がるやつみたいな画像

ども私です。
気がつけば3月も5日過ぎてしまいました。
今年も残すところ10ヶ月となってしまいました。
悔いのないように生きてますか?
私は夜勤の時に食堂が使えない現実を突きつけられて、絶賛絶望中です。

エネルギーを現実化する方法

さて本文。
”エネルギーを現実化する方法”の糸口を見つけました。

期間工は同じ作業を繰り返し行います。それはもう何回も何回も。
その作業の中で「難易度が高い作業」が存在します。
例えば”ボルトを3個ずつ両手で一発で取り出す”とか。
作業自体は単純なんですが、実際やってみると意外と難しい。
少なかったり多過ぎたり、手からこぼれちゃったり、焦って時間がかかっちゃたり…。ほんと簡単なんですけど、できるようになるまでが大変。
まあ慣れれば考え事をしながらできるようになるんですが、2日目の私にはなかなかハードルが高い。初心者のG級クエストレベル。

ほんとに最初は初めて見る機械ばかりだし、どこでなにをやったらいいかさっぱりわからなかったので、緊張して全然思った通りに手先もボルトも動きませんでした。
しかし何回か練習しているうちに、「ボルトが手にくっつくイメージ」をしてみたらどうかと思いました。ボルトに弄ばれているように感じてムカついたんです。
そしたらなんと一発で3つ掴めるようになりだしたんです!
手に吸い付くようにイメージするんです!もしく手先からエネルギーが放出されていて、それがボルトを引き寄せるイメージでしょうか?
まあ作業はボルトを掴むだけではないので、他の作業との兼ね合いがあってまだまだ練習が必要なんですケド。

イメージなんだな

よくスピリチュアル界隈では”イメージワーク”とかありますよね。
豊かさが舞い込んでくるイメージをするとか
いい人間関係を築けるようにコードをつなぐイメージとか
天使の癒しのエネルギーを受け取るイメージとか。

あれって私的には、なかなか現実的(三次元的)ではないのでイメージしにくいというか、わかる人にはわかるというか、なんとなくそうかなくらいの感覚だったんです。

でも今日気が付いたのは、ボルトを握ることも”エネルギーの現れ”で、
「エネルギーを具現化すること」=「現実を動かすこと」というか、
”エネルギーを動かすことって三次元的にも存在する”んだなって思いました。
どれだけ伝わるかわかりませんが、私はそう思ったんです。

エネルギーで現実を動かせるんだね

例えばペンを右の机から左の机に移動させることも”エネルギーが具現化させること”なんですよね。
でもそれって簡単過ぎて無意識的にやっているだけで。
行為の難易度が高くなれば、失敗もするでしょう。
そして何度もやっていくうちに”コツ”を掴んで、そして難易度の高いことでも成し遂げることができる。
ようは「慣れやコツ、カン」といったものは「エネルギーをうまく扱えるようになった」というだけのことなのではないかと思うんです。

大事なのは自分を信じられるか

そして何より大事なのは、”自分でエネルギーをコントロールできると思えること”です。
ボルトも、できるときはできるのに、「心配になる」と途端にできなくなります。
これは、できているときは自分で自分のエネルギーをボルトに繋げて具現化できているのですが、心配になるとエネルギーがボルトに伝わらず、できないイメージを具現化するのでできなくなるということです。
あれ、これって引き寄せの法則じゃないか?

エネルギーを自分でコントロールする=引き寄せの法則?なのか?
という疑問が湧いてきたところで今日は寝ます。

みなさんもエネルギーコントロールをチャレンジしてみてください。
どれだけ自分を信じられているかがわかりますよ。
そしてそれを応用すれば最高の現実を具現化することができます。

ぜひみなさん一人一人が自分自身を信じて、望む現実を具現化することを祈っています。

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。