アセンションなどスピリチュアル世界の”変化”とはどんなものか

Pocket

月光とスカイツリーとその周辺の画像。なんだか変化を感じますなあ。よくわからないけど。
月光とスカイツリーとその周辺の画像。なんだか変化を感じますなあ。よくわからないけど。

ども、ラベンダーの精油を枕に一滴垂らしたら朝までぐっすり眠れた私です。
本当にいい心地です。
味を占めてレモンの精油をコップの水に垂らしてみました。本当にいい香り。
香りって生活を豊かにしますね。

変化の話

今ってスピリチュアルの世界では変化が激しい時期だと言われています。
この”変化”っていう概念が結構曲者でして、いろんな側面を持っています。

1、善と悪の対立関係の中で悪が滅びていくという変化
2、世界が劇的に「神聖」、あるいは「進化した状態」になるという変化
3、人間という存在に対する意識や肉体的な変化
4、地球や宇宙の物理的、スピリチュアル的な変化

と、上げればきりがないですが、これらがひとまとまりとして”変化”という括りに押し込められています。
多分根底には共通した部分があるんだと思います。
そこで今回は変化について考えてみました。

1、善と悪の対立関係の中で悪が滅びていくという変化

善悪の変化としては、はるか昔から「善的存在が悪的存在に勝つ」という概念は至る所で採用されてきました。
この概念は未だに世界に広く浸透していますが、最近では割と古い概念と見なされ始めています。
善と悪の二元論的対立構造が、ワンネスなど調和を求めるインディゴ世代以降の人たちに受け入れられにくいのでしょう。
また最近のスピリチュアル界隈の考え方として、分離より統合を、対立より調和を、”私”と”あなた”の幸せより”私たち”の幸せを実現していくのが主流となっています。

そこで善悪という判断基準そのものが変化し、善が勝ち悪が滅びるという概念自体が揺らいでいる感じかなと思います。
とは言っても、善悪というものそれ自体がなくなる訳ではなく、善は善、悪は悪としてこの先も存在し続けると思います。
ということは、形こそ変わるかもしれませんが、これから先も”善が悪に勝つ”という考え方は至る所に現れていくとおもいます。
別にこの考え方がおかしいとか間違っているとかそういう訳ではないので。
悪よりも善を、醜よりも美を求めるのは人間の自然な行いだと思います。
短期・中期的な視点で見ても善・悪というものはいろんな形で現れてくると思います。

ただ、以前の勧善懲悪スタイルの考え方以外にもバリエーションが増えてきているので、自分にフィットする善悪観を見つけることがこれからを生きていく人の課題だと思います。
その為にはなんども言いますが自分の価値観をしっかりと作り上げることが必須です。そこがないと言われるがままの善悪観を自分のものとして受け入れてしまうからです。

ちなみに私は善も悪も根本は同じという考え方を取っています。
同じ一つのものの違った表現と言いますか、表と裏と言いますか、どちらも必要であるという前提の元何が最適かということを考えることが善悪の基準となっています。争いを好まない性格なので。

2、世界が劇的に「神聖」、あるいは「進化した状態」になるという変化

世界の劇的な変化は少し前から最も支持されている変化論です。
いわゆるアセンションという思想です。
2012年にアセンションが起こるというブームがありまして、そのブームは2012年を過ぎたあとも色々な形をとりつつ続いています。
このアセンションという概念もなかなかめんどくさいんです。
簡単に説明しますと、初期の頃は天変地異が起きて善人だけ生き残るみたいな、いわゆる「ハルマゲドン」の様なものでした。
波動レベルが一定以上に達していない人間は取り残されるとか死ぬとか言われていたような感じです。
みんな必死になって波動をあげようと努力していましたね。
私はそのころは山奥の旅館で中居さんをやっていたので、そんなこと言われても明日のお客さんの準備しなきゃいけないからなあ…って感じで何もできなく過ごしていました。
話は戻って、この”天変地異型アセンション”ですが終末思想が発端だと思われます。
一部の人(割と選民思想的な人々)には強力に支持されますが、割と過激なので大多数の人は受け入れがたいものです。

そして、来たる2012年。
何も起きませんでした。まぁエネルギーシフト自体は起きましたが、天変地異は起きませんでした。
近しいことは2011年の東日本大震災が起こりましたが、時期がずれていますので、ノーカウント。でもあれも人々の意識に大きな変化をもたらした出来事でした。

往往にして「○月○日に何々が起きる!」みたいな予言系のチャネリングメッセージって外れることが多いんですよね。
また、恐怖とか不安を掻き立てるようなメッセージは9割外れます。そんな風に高次元存在はメッセージを出しません。

2012年に起きなかったアセンションですが、このような「イベントが起きるぞ思想」に味を占めた人々はアセンションほどではないにしろ何かを期待するようになっていきます。
その結果、「自分が変われば世界が変わる」的な方向にシフトしていきます。
世界の方から劇的に変わるのではなく、自分の内面から変われば結果世界は違って見えるという感じです。
これなら変化は個人個人で違うし、天変地異が起きる必要もないですからね。よりナチュラルな変化にシフトしたんだと思います。

しかし、イベント的な「○月○日に何々が起きる!」という概念は、まだまだ根強く一定層に支持されています。
実際パラダイムシフトが起きると言われているのを聞きますし、私個人的には劇的な変化には興味がないし、あんまり望んでいないんですが、有力筋から聞くところによると起きるらしいです。
まあ何れにせよ心配することなく、全て神の計らいによって最高のタイミングに起きるべくして起きると思っています。なんとかなるやろ!みたいな感じで捉えています。

とりあえず過激な変化は今のところ起きていません。

3、人間という存在に対する意識や肉体的な変化

人間という存在に対する意識や肉体的な変化は、終末論が不発に終わった後にそれぞれが変化していくという考え方が発達していって出来上がったものです。
太陽からの光線やらなんやらが地球に降り注いだり、特殊なゲートが開かれてエネルギーが出て来たりして人間に作用し、人間が変わっていくというものです。
まぁ事あるごとに「なんたらウェーブ」とか「ゲート」とか言われていますよね。
毎月いろんなパワーが至る所で発信されています。もうすごい勢いです。
また人間の身体の方も「サードアイ」とか「なんたらチャクラ」とかいろんなものが活性化してパワーアップしているみたいです。このまま行けば神の領域に達する日も近いんじゃないでしょうかっていう勢いです。

実際に、人間の体には眠っている能力が存在しています。
それらを活性化して、本来の能力を全て発揮することができればそれは割と神人間に近いものであると思います。
そのために、エネルギーから肉体を変化させていくというアプローチはあながち間違っていないと考えます。

どちらかというと私は思考タイプで、ヨガとかスピリチュアルマッサージとかよりもエネルギーワークとかヒーリングセッションを受けたい人なのですが、地球で生きている以上に肉体の影響は避けられないので、肉体から変革を起こすという方法も最近では理解できます。

まさにこれは人それぞれの個性の問題で、肉体との結びつきが深い人は肉体から変えていくと本当に劇的に変化しますし、私のように思考というかエネルギーとの結びつきが深い人はエネルギーセッションをメインに受けることで自分が変化し結果として肉体まで変化することになります。

そうはいっても私のように思考・エネルギータイプだとしても、肉体からのアプローチは人間である以上必ず効果があるので、このような肉体的なサードアイとかチャクラとかが活性化されるエネルギーが地球のあちこちから発信されていると人類全体が変化していくという寸法になります。

人間は肉体だけでなく意識も持ち合わせていますので、そのどちらも変化を起こしてより素晴らしいものに変化していくことで、より良い人生を歩んでいくことができるというのがこの「人間の変化」の根底にあると思います。

4、地球や宇宙の物理的、スピリチュアル的な変化

そして最後。
スピリチュアル的な変化です。
これは上記3つの変化を内包しています。

アセンションの考えの中で地球もアセンションして、地球自体のエネルギーが高くなるというものがあります。
また、この宇宙自体が変化していて、いろんな存在がいろんな変化を地球・人間に起こしている、起こそうとしているという考えも存在します。
その変化の中には、地球や環境のエネルギーが変化するというものあれば、物質的に地球や人間の形が変化するというものもあります。
ちょっとこの範囲に関しては私の手に負えないので、この辺にしておきます。

簡単にいうとスピリチュアル観点からして、地球・人間・それに関わる全ての存在がエネルギー的にも物質的にも変化を起こそうとし、感じようとし、起こしている最中なのが今現在です。ということでしょうか。

まとめ

最後尻切れとんぼになってしまいましたが、書いててエネルギー量が膨大すぎて頭痛くなってきちゃいました。
実は、この記事書くのに1週間もかかってるんです!
それだけエネルギーがある情報なんだなと書いてて感じました。いやー文字化するの大変!意思がエネルギーに負けそうになっちゃう!書けてよかった!

”変化”という概念ってすごくバリエーションがあって発信者によってニュアンスが違っている場合があります。
それを少しでも分解して理解しやすくできたらと思い今回の記事作成を行ってみました。
少しでも皆さんのお役に立てれば光栄です。
また、ここにあげた以外にも意味合いがあると思います。
そしたらそれを教えていただけると幸いです。


個人的な話をしますと、私は結構「変化する人生」を歩んでいまして、3ヶ月スパンで変化しています。もちろん今も。
だから3ヶ月前の自分と今を見比べると少しづつ確実に変化していることを自分でも感じられます。
そうした変化は最初こそ苦痛でしたが、今では前向きに受け入れて、新たな自分というかもともとの自分を取り戻しつつあるんだなと感じています。

そしてこれからの世界はもっともっと「変化を強いられる世界」だと思います。
こう聞くと聞こえは悪いですが、「変化できること」って本当に素晴らしいことなんです。
そんな変化が向こうからやってくるなんてなんて親切な世界なんでしょうか。
変化って最初は大変ですが、変わった後に振り合えると”より自由で幸せな自分”になっていることに気がつきます。

これから先の世界では、過去を乗り越える変化であったり、現状を変えていく変化であったり、そんな変化を私含めより多くの人が経験していくことでしょう。
そんな変化の波をうまく乗り越えてみんなで素晴らしい世界を経験できることを願ってやみません。

どんな風に変わるのかどこまで変わるのか。
全ては天に委ねて、今自分がやるべきことありたい姿に近づくための意識と行動を行っていきましょう。

みなさんに最高の変化が訪れ、自分のものにできますように祈っています。

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。