なぜ人間は生まれてくる時自分の使命を忘れてくるのか?なぜスターシードである私は期間工を選んだのか?

Pocket

この地球と言う惑星は辛くとも美しいと言う画像

どうも、ジャンジャンバリバリトヨタマンやっています私です。
いやあ、教育期間中はハラハラドキドキが止まらないですな〜。
いろんな冒険に満ちたことが巻き起こるから息つく暇もないですよ。

期間工を選んだ理由がピンとこない

さて、スターシードである私(自称)が期間工を選んだ理由ですが、いまいちピンと来ていなかったんです。
もちろんお金を貯めて、色々やりたいことの準備資金を作り出すことが現実的な目的なんですが、なぜここトヨタの期間工なのかという疑問にはいまいち答えが見えていなかったんです。
しかし、なんとなく昨日閃きました。

同じ立場から言われることに意味がある

それは先日私がバトルアニメを見ていた時のこと。
強い主人公が何かを葛藤していたんです。
仲間や上司などに励ましの言葉を言われてもいまいち元気が出ない主人公に、同じ境遇のライバルであり敵でもあるキャラクターが、主人公の心中を言い当てて打ち負かそうとします。
その時主人公は同じ目線の敵の言葉に”ハッ”と気が付き元気を出して、またヒーロー活動をし始めるのです。

…とまあわかりにくいですが、これ見てて気が付いたことは、
「違う立場の存在から何を言われても、当の本人には届きにくい。」
「逆に自分と同じ境遇の人の”何気ない言葉”や、”態度”を見ている方が本人に強く影響を及ぼす。」

ということです。

何か伝えたいなら「同じ目線に立つこと」が一番ダイレクトに伝える方法だと。

そして、こんな記事も読みました。

「エンパスの人は、本人は何もしていなくても周囲に影響を与えている。」

これは詳しい内容はよくわかっていないんですが(おいおい)、私が読み取るべき部分は、
”自分が意図していないところでもなんらかの影響を与えることがある”
ということです。

二つを総合して見ると…

私はスピリチュアル的なことに興味があって、なんやかんや実践しているし、全く興味がない人よりは知識があると自負しています。(画面の前の諸先輩方には負けますよ〜)
そんな人が物質バリバリの期間工として生きることで、”外から”スピリチュアルだのなんのと言われるのとは違った影響を内部に及ぼすことができるのではないかと。
だから今この時期に私は期間工として日本トップクラスの企業であるトヨタに入社したのかなと思います。(上から目線)

また、私は”奉仕”を使命にもっていると言われたことがあります。
「人が喜ぶことは利害関係なく取り組んで行きたい」という気持ちがあることは事実です。

だから、私は意識的に選ばずとも、この国と大企業とスピとは遠い人々(期間工)のために身を捧げるという選択をしたのかなと思いました。
こんな風に書くとお前はどんだけ上から目線なんだと思われるかもしれませんが、感じるのは個人の自由ですからね。
そういう風に心では思いながらも、現実ではインパクト回せば問題ないわけですよ。タクト内に作業終わらせれば文句言われない訳ですよ。

ということで、私は壮大な使命を胸に期間工やっていくということです。

多くの人にも同じことが言える!

でもこの考えを応用させれば、例えば営業職や飲食業、テレビや新聞ネットなどのメディアや物流など、あらゆる既存企業でも同じことが言えると思います。

これこそが、私たちスターシードやインディゴなどと定義される人々がこの世界に生まれてきた理由なのではないでしょうか?

人は生まれる前は「ワンネス」といって素晴らしい何一つ不自由のない”神そのもの”の状態だったと言われています。

この真偽はここでは置いておいて、
”そんな素晴らしい状態だったのになぜ今不自由を感じる現代社会に生きなくてはならない”のでしょうか?

「それは経験をするためだよ」なんて聞いたことありますが、
「そんな経験したくないわ!」
と私は思ったりしますし、みんな心の中でそう思ってるんじゃないですか?

もちろんそれも真実なんだと思いますが、私は、この世界のある一定数の人は”人々に奉仕するため”に生まれてくると思っています。

そういう人は決して”人間の価値観”でいうところの「豊かで素晴らしい人生」を送れる訳ではないと思います。
でも、それは人間の価値観の話であって、もっと広義的な価値観で考えた場合それはとても素晴らしいことなのだと思います。

”他人に奉仕する”なんて同じもの同士しか出会うことのない宇宙ではなかなかできない経験だし、それを自分が辛い思いしてまでやるなんて、相当な価値を持つと思います。

涙の数だけ強くなれるよアスファルトに咲く花のように です。

また、
「なんでそんな重要な使命を忘れてしまうのか?」
という問いに対しては、先ほどの「同じ目線でいること」が重要ということが答えになります。
いくらあなたが”素晴らしい考え方””答え”を持っていても、あなたが”何一つ不自由ない神の状態”からそのメッセージを発したら果たして素直に届くでしょうか?

今あなたががっくりきている周囲の人々を思い出してみてください。
その人たちは果たしてそんな高貴な”神の言葉””真摯に耳を傾け自分をより高く磨いていく”と思いますか?
それとも、あなたがいつもやっているように”親身になってその人たちの愚痴を聞き、「それは大変ねでも頑張って」と言う”方が素直に聞き入れられるでしょうか?

答えは明白だと思います。
だから私たちは”全てを忘れ、周りの人を同じような環境になる”必要があるのではないでしょうか?
そう考えると、今いる自分が全く望まない環境にも意味が見出せるし、使命感すら感じることができるのではないでしょうか?

これについては全ての人に当てはまるとは思いません
人間にはいろんな種類があって、「自分を生きることが目的」の人もいれば、「自己表現が目的」の人もいます。

それらの人々が各々の目的に向かって生きていくことが人間の生きる意味です。なので、私の場合はその中にたまたま”奉仕”と言う目的があったとうことです。そして、これを読んでいる人の中にもそれに共鳴する人もいるのではないでしょうかと言うことです。

もしそう言う人がいたら、こんな考えを少しでも取り入れることができたら自分のダメージも少なくできるかもしれないし、多少でも生きやすくなるのではないかなと思います。

ちょっと真面目路線になってしまった

真面目な話になってしまいました。
すみません。
とにかく奉仕が目的に入っている人は、自分は勇敢なチャレンジをしていると言うことを忘れないで欲しいと言うことと、いるだけで意味があるんだよと言うこと。
あなたの周りの人(親・兄弟・家族・職場・恋人など)がスピリチュアルに理解がなければないほど、その人たちはあなたを通して深みを得ていると思います。

どうか負けないで、めげないで、背負いこみすぎないで、今いる環境を噛みしめましょう。
と半ば自分に言い聞かせています。
一緒に頑張りましょう!

あなたの目的が達成され、生きやすい環境を手に入れらることを祈っています。

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。