人生を変えたい人の”一瞬”のポイントの話

Pocket

ポイントはまじで一瞬。こんな感じかな

一台しかない電子レンジで夜食を温めてる時に後ろからプレッシャーかけてくる人がいて、慌てて味噌汁冷たいまま逃げてきた私です。
ちくしょう。いつか覚えてやがれよ!プレッシャーかけてやる!

私の仕事の話

さて、本題。
私は「ボルトを穴に入れる」という作業をしています。
作業自体は簡単なんですが、決められた時間内に作業を完了させるというのがなかなか難しいのです。焦るしね。

最初のうちは時間を気にしないで作業できていたので素早く作業できていたのですが、最近になって時「間内に終わらせること」を意識しだした途端にミスが多くなり、結果的に間に合わないというループに陥っていました。

ところが、今日はほぼほぼ時間内に終わらせることができて、なんなら眠気を感じるくらいの余裕があったくらいです。
急になんなんだろうと思いました。この変化は何?!

変化の原因は?

変化の原因を考えた時、思い当たったのは「変化のポイント」でした。
ボルトを手に持つと時と、差し込む時の手の位置をしっかりと意識することで作業スピードが段違いに早くなります。

その結果、全体の作業スピードが早くなり、余裕が生まれて作業ミスが少なくなるという好循環が生まれます。
よく期間工なんて「慣れちゃえば眠気との勝負だよ」とか、「慣れちゃえばまじで楽勝」とか聞くんですけど、その意味が解り始めました。こういうことか。

人生も同じ

これは人生でも同じことがいえると思いました。
私は最初は仕事の覚えもよくないし、作業スピードが遅いので監督官に「う〜ん」みたいなことを言われていました。ちくしょう!

自分でも全然作業についていけなくて、体もしんどくて、「きついな〜」と思っていました。
でも、”ある時”を界に状況が一変しました。
それは「今までの思い込みが切り替わるポイント」を認識できた時です。

ある一瞬、その瞬間世界は反転する

よくスピリチュアルでは「現実は自分が作る」とか、「思い込みを手放す」なんて言われますが、いまいちよくわからないんですよね。”自分は”ですが…。

正確には言っていることはわかるけど、具体的にどうすりゃええのんという感じです。
そこで今回気が付いたのが、「現実を変革させるにはポイントがある」ということです。
言葉にはしにくいんですが、本当にある一点、一瞬のポイントと呼ぶべきものがあるんです。
それは簡単な気付きかもしれませんし、ある時目にした情報かもしれません。
形はどうあれ、本当に一握りのポイントを認識した瞬間に、現実はガラリと変わります。
というか、変わっていることに後から気がつくって感じかもしれません。
そのポイントに気がつくことで変わることが当たり前になるくらいの変化が訪れます。

言葉にできない…

ん〜、これじゃあ人生は自分が作るとあんまり変わらなくなっちゃうんですが、言葉にできない…。

ある一瞬を見逃さないように常に感覚を研ぎ澄ましておく必要があります。
それは五感的な感覚も当然ながら、直感とか第六感的な感覚も含めてです。
そのポイントが見つけられれば人生の勝者になれます。
その為にはやはりタバコやお酒、過度な食事や間食等は控えておくことが望ましいと思います。まあ多少は問題ないですが、どれだけ人生に切羽詰まってるかでこの辺は変わってくると思います。私は人生そのものに切羽詰まっているので、なるべく感覚を鈍らせるものはやらないようにしています。まあ個人的なことなので、皆さんはそんなこと気にしなくてもいいのかもしれませんね。
好きなもの好きな時に嗜みたいのはこの物質世界で正しい欲求です。
ただ、どんな状態で会っても人生に革新的な変革を望むなら、本当に小さなある一瞬のポイントを見逃さないで自分のものにすることです。
そこに気が付いて、それを大きくすれば人生は簡単に劇的な変化を起こしていくことになります。
まじでそう思ってます。人生変えることなんて簡単なんです。特に今の時代では。
だから、自分の人生に納得いってないのであれば、まずは何が変化点なのか感じることから始めてみてはいかがでしょうか?



今はまだ自分で気が付いていないそのポイントを自身で気がつき、変革が訪れますように祈っています。

コメントはこちら

Loading Facebook Comments ...

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。